ゾビラックスやバルトレックスというヘルペス薬でもう安心!

白色の錠剤

具体的な違いとは何か

数種類の薬

ここからはトップで紹介したゾビラックスとバルトレックスの話をさらに詳しくしていきたいと思います。
ヘルペス薬を使っていく際に、どちらを使えばいいのか?と初心者なら悩んでしまうでしょう。
基本的な効果は同じなので、もちろんゾビラックスでもバルトレックスでもヘルペスを治していくことは可能です。

では主に何がどう違ってくるのか?
簡単にいうと、ゾビラックスの場合はバルトレックスよりも安く手に入れることができるというところ。
つまりコストパフォーマンスを考えていくなら、絶対にゾビラックスを選んでいくべきだと思います。
継続的に使っていくならやっぱり少しでも安くしておきたいですよね。
バルトレックスの場合は1錠につき500円以上するので、けして安いとはいえないところだと思います。
またバルトレックスをどこでもらうのかによっても値段は変わるので、さらに高くなる可能性も全然あります。
海外から直接輸入しようと思えば、1錠660円くらいはくだらないでしょう。

しかしゾビラックスであれば、その半分以下の金額で購入することができます。
輸入で買う場合でも1錠160円くらいになるので、あきらかに値段が違うということがわかると思います。

じゃあバルトレックスは選ばない方がいいのか?
というと、それはまったくもって違います。
バルトレックスはたしかに高いですが、その代わり服用回数を少なくすることが可能です。
なぜ少なくてもいいのかというと、バルトレックスの方が分解されにくいのでその分ヘルペスウイルスに対して効率的に働きかけてくれます。
だからゾビラックスよりもバルトレックスの方が薬の効果としてはより期待しやすくなります。