ゾビラックスやバルトレックスというヘルペス薬でもう安心!

白色の錠剤

感染率はとても高い

薬の説明

ヘルペスに感染してしまったら、そのヘルペスは人にもうつしてしまいます。
あなたも誰かからヘルペスをうつされてしまうかもしれませんし、すでにうつされて潜伏しているかもしれません。

では実際にヘルペスというウイルスは、どれくらいの割合でうつってしまうのか?
ざっくりいうと、高確率でどんな人であってもうつります。
ただうつったとしても免疫力が高い状態なら症状が見られないので、実際に気づいてない患者も多いのです。
だからあなたももしかしたらヘルペスに感染しているかもしれません。

感染経路については色々ありますが、基本的には粘膜同士の接触を避けるようにすることが大事です。
特に水ぶくれなどはっきりとヘルペスの症状が出ている人はヘルペスウイルスが大量に増えている状態なので、かなり危ないといえるでしょう。

また実際に接触してなかったとしても、間接的に接触することでうつる可能性があります。
つまり家族の間でタオルやコップなどを共有している場合、いつヘルペスにうつってもおかしくない状況だといえます。

家族の誰かがヘルペスだとわかったら、すかさずゾビラックスかバルトレックスというヘルペス薬を勧めてあげてください。
ゾビラックスもバルトレックスも両方効き目はちゃんとありますので、どちらを選んでいくのかは好みです。
すでにゾビラックスとバルトレックスの特徴について他の記事で説明しているので、憎きヘルペスをなんとかするためにも必ずゾビラックスかバルトレックスというヘルペス薬を感染している家族に使ってもらうようにしましょう。